英語教室の特徴  
 

例えば、こんな二人がいます。一人は、日本で育ち、英語は学校で勉強したぐらい。仕事で必要に迫られ、英語を本格的に勉強し始めた30代の男性です。もう一人は、生まれた時からアメリカで育ち、Nativeの英語を聞きながら育った6歳の女の子。この二人が、当社の英語教室で勉強することになりました。さて、どちらの英語力が高くなったでしょう。 答えは前者の方です。

それは、前者には30年生きてきた年輪があるからです。その中で経験してきたことや、身につけた知識は実際に英語を話すためのバックボーンとなります。歌舞伎のことを知らない人は日本語でも歌舞伎のことを話すことはできません。しかし、もしその知識があれば、英語をマスターすることで英語でも日本語でも、歌舞伎の話ができます。

要は「英語力」の問題ではなく、「教養」の問題なのです。

だから、知識や経験の蓄積は、そのまま豊かな英語を話すことにつながります。そして、知識や経験をうまく整理してあげれば、英語の力は確実に上達します。6歳の女の子の吸収力よりも、それは高いものなのです。

私達の英語教室では、生徒さん一人一人の頭の整理をしてあげることから始めます。生徒さん一人一人の能力にあったテキストを用意し、それぞれのペースで、自力で課題を解くようにしています。一斉授業はしていませんので、同じ授業時間に、アルファベットを学び始めた中学1年生と大学受験を控えた高校3年生が、勉強をしています。

英語講師は数人の講師と協力して、生徒と同じ席に座り、複数の生徒を個別に見ていきます。そして、答えがなかなか導き出せない生徒に「テキストの○ページを見てごらん」「辞書で○○という単語を引いてみて」 など、様々なアドバイスをしていくのです。

また、何人かのグループの中で個別指導をしていくため、授業中は様々な言葉が飛び交い、非常に活気のある雰囲気になっています。この高いテンションの中で学習をしていくと、それぞれの生徒が発するエネルギーが互いに高めあって、驚くほどの集中力を生徒にもたらします。だから、やる気のない生徒も、部活で疲れてしまっている生徒も教室にいるうちに、だんだん元気になり進んで学習に向かうようになってくるのです。

講師が生徒に教えるのではなく、生徒が自ら考え、学んでいく学習方法。これが、サテライト総合英語教室の最大の特徴です。では、具体的にどんな方法で、生徒は学習していくのでしょう。

 
 
戻る次へ
 
 

 

英検・児童英検準会場資格登録校

代表 TEL.072−270−0143